RECOMMEND

ハッカーと画家
ハッカーと画家
プログラマ必読。→感想


C言語ポインタ完全制覇
C言語ポインタ完全制覇
C言語 対ポインタ最強兵器。
感想

COUNTER

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

twitter

Twitterボタン

APPENDIX

sugarball

こまごまと、プログラミング関係のtipsを。

[スポンサー広告]スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[column]Linuxなんかインストールして何が嬉しいのさ!? 

Linuxなんかインストールして何が嬉しいのさ!?って僕が思っていたのはつい最近まで。やっぱり学生の頃とか、働きだして間もない頃は何でLinuxなんか使いにくいOSを使うんだ!?と思っておりました。てなわけで、今回はそんな小話。

学生のときとか、僕はなんとなくPCにLinuxをインストールしてみたりしたことがあった。確か、RedHat6.2だっただろうか。当時は、研究室でTurbo Linuxの使用を強要されていたのだけど、あんなに使いにくいOSを使わされる理由がさっぱりわからなかった。

研究室のTurbo Linuxは重く遅く(Celeron266MHzくらい)、オマケにroot権限すら無い。ただの不便なOSだった。それに嫌気がさして、自宅のPC(Pen3 800MHz×2)にRedHat Linux6.2をインストールして抵抗の意思表示をしてみたりした。知識が無いながらも、Webを調べながらWindows2000とLinuxのデュアルブート構成で。それでもやっぱり、Linuxの使い道がわからなかった。


時は流れて。僕は就職し、プログラマとなった。使う言語と言えば、Visual Basic6.0。ドブの中で絡まった汚いスパゲッティを綺麗にするのが僕の仕事だった。やはり、当時もLinuxの利用価値なんてわからなかった。

時は流れて。いわゆるWebアプリケーションがもてはやされた時代。まぁ、今もそうなんだけど。PerlだとかPHPだとかjspだとかそういうものが流行った時代。あぁ、サーバはLinuxがいいんだな、とかデータベースはUnixにOracle乗っければいいんだな、とかなんとなく気づき始める。

でも、やっぱり自分が開発するIDE(統合開発環境)はWindowsがイイよ。というか、Linuxの存在価値はそこじゃないってことを実感してきた。


時は流れて。ほんのちょっぴりWebサーバやネットワーク、Unix系OSの知識がついた頃。あぁ、コレとコレを使えばこんな事ができるんだ。と、思うようになった。…ソース管理をLinux上のSubVersionで行って、WebサーバにはApacheを使って、PHPからMySQLに接続したり…。

何だ、使い道あるじゃん。Linux。

そうか、僕が活用できるようになったからか。ようやく僕はLinuxを「生かす」ことができるようになり始めた。今思えば、当時は無謀としか言い様が無かった。何に使うかも知らず、どうやって構築するかも知らず、ただ「組んでみた(/インストールしてみた)」だけ。

開発とかしない人にはLinuxなんて不便なメーラとブラウザがついてるだけのOSに過ぎない。それが僕にとってのLinuxだった。今は、遊び道具になっている。

※このエントリは個人的な偏見で塗り固められています。真に受けないようにしてください。
スポンサーサイト

[LINUX]Vine Linux 3.2 で telnet と ftp で接続できるようにする 

Vine Linux 3.2 で telnet と ftp で接続できるようにする、と書いたものの、Vine Linux3.2はデフォルトでssh接続とscpが使えるので、実のところtelnet と ftpは不要だったりします。

が、「どうやったら使えるか」くらいは知っておくのもいいでしょう。まずは、telnet-serverのインストールから。
# apt-get install telnet-server
次に、/etc/inetd.conf の編集。
# vi /etc/inetd.conf
(中略)
ftp stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.proftpd
telnet stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.telnetd
(以下略)
上の2行は、元々コメントアウトされているはずなので、コメントアウトを解除する。次に、/etc/proftpd.confの編集。
# vi /etc/proftpd.conf
(中略)
#ServerType standalone ←コメントアウトして
ServerType inetd ←コイツを記述
(以下略)
こうすると、常にtelnetデーモンとftpデーモンを起動しなくとも、両方ともinetdから起動するようになる。最後に、inetdの再起動。
# /etc/rc.d/init.d/inet restart


これでhosts.allow、hosts.denyが適切に設定されていれば、telnetとftpが使えるようになります。まぁ、確認した後は /etc/inetd.conf のtelnetとftpのエントリをコメントアウトして、telnetとftpを使えないようにしておいた方が良いかも。

[LINUX]viで 「~(チルダ)」のついたバックアップファイルを作成しない 

viでファイルを編集すると、「~(チルダ)」のついたバックアップファイルが自動的に作成されます。僕は勝手にファイルを作成されたら困る方なので、自動的に作成されないように設定します。

その方法はというと、ホームディレクトリに .vimrc というファイルを作成し、「set nobackup」と記述します。
# cd ~
# vi .vimrc
set nobackup
これで次回のログイン以降、勝手にバックアップファイルは作成されません。(今回のログインから設定を有効にする場合は「source ~/.vimrc」を実行する)

[LINUX]VMWare上のゲストOSでsambaサーバを立てる 

今回はVMWare上のゲストOSにsambaサーバを立てようと思います。とは言っても、今回はVMWare特有の話は特になく、Linuxでsambaサーバを立てるだけの話です。

前回のエントリで、すでに etc/apt/sources.list を編集していれば、そのまま
# apt-get install samba
でインストールが完了します。しかし、そのままだとユーザが無いので、
# smbpasswd -a (ユーザ名)
New SMB password:(パスワードを入力)
Retype new SMB password:(パスワードを入力)
このようにユーザを追加します。ユーザを追加した後は、sambaサーバを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/smb start
sambaサーバを起動後、ホストOSのエクスプローラから、アドレスバーに「\\10.100.2.2(ゲストOSのIP)」と入力してやれば、ホストOS(WindowsXP)のエクスプローラからゲストOS(Vine Linux)を参照することができます。

[LINUX]aptラインを設定する 

最近のLinuxには、アプリケーションを簡単にインストールする仕組みとして、「apt-get」というコマンドがあります。apt-getを実行すると、指定したパッケージが自動でインストールできるという優れモノです。

今回は /etc/apt/sources.list を編集した後で、FireFoxをインストールします。
# vi /etc/apt/sources.list
(中略)
rpm [vine] http://( …略… ) devel plus updates extras
rpm-src [vine] http://( …略… ) devel plus updates extras
(中略)
赤字の部分(extras)を追記した後で、
# apt-get update
パッケージリストを更新して、
# apt-get install firefox
これで、FireFoxをインストールできるはず。便利。

[LINUX]sshでゲストOS(Vine Linux3.2)に接続する 

さて、今度はVMWare上のゲストOS(Vine Linux)にsshで接続しようと思います。ssh接続のメリットは、ゲストOSでターミナルを立ち上げなくても、ホストOSのターミナルから直接操作できる事でしょう。

ホストOS(WindowsXP)から操作するターミナルエミュレータには、UTF-8対応のTeratermがオススメ。

viで /etc/hosts.allow を編集して、
vi /etc/hosts.allow
(中略)
ALL:10.100.2.3 #←ホストOSのIP
のように記述します。Vine Linux3.2の場合は、これでssh接続が可能になります。


■補足 - telnet接続するには? -
僕のskill不足なのですが、ホストOSからゲストOSにtelnet接続ができませんでした。
先の /etc/hosts.allow の編集に加え、/etc/inetd.conf でtelnetエントリのコメントアウト解除、/etc/rc.d/init.d/inet restart の実行をしましたが、telnet接続ができないようです。がっくし。

 追記 → telnet-serverをインストールしていない事が原因でした。その辺のインストールとか設定のエントリはこちら。 → telnet接続できるようになりました。

[VMWare]VMWare上のゲストOSのネットワーク設定を行う 

VMWareにLinux(僕の場合はVine Linux3.2)をインストールしたら、VMWareのネットワーク設定をします。今後は、VMWare上にインストールしたOS(今回はVine Linux3.2)をゲストOS、PCに直接インストールされているOS(今回はWindowsXP)をホストOSと呼びます。

ゲストOSには、NICを2つ作ります。1つがBridged Networking(ブリッジ接続)用、もう1つがhost-only Networking(ホストのみ)用です。

ブリッジ接続の目的は、インターネットを参照できるようにして、atp-get を使えるようにするためです。

ホストのみ(host-only)接続の目的は、ファイルの転送、ゲストOSで立ち上げたWebページの閲覧などが目的です。また、外部(インターネット等)から、ゲストOSで立ち上げたWebページを参照できないようにするという意味もあります。

上記のモデルを図にすると、以下のようになります。



ちなみに、こういったVMWareのネットワークの仕組みを理解するにはこの本がわかりやすいです。バージョンがVMWare3.0のときのものなのですが、基本的には変わっていませんよ。


[VMWare]フリーのVMWare(VMWare Player)にLinuxをインストールする 

まずは、VMWareを入手しないと始まりません。VMWare自体は有償なのですが、最近ではVMWare Playerというフリーで入手できる仮想OS実行環境があります。

また、VMWare Player自身は単体で仮想OSを作成できないので、どこかから入手する必要があります。→ VMWareのサイトから「Browser Appliance」ダウンロードすればOK。

VMWare Playerのダウンロード
http://www.vmware.com/download/player/

VMWare 「Browser Appliance」のダウンロード
http://www.vmware.com/vmtn/appliances/directory/browserapp.html


ダウンロードが終われば、VMWare Playerをインストールしてください。そして、「Browser Appliance」からダウンロードした Browser-Appliance.vmx をテキストエディタで開き、いろいろ設定する。

とまぁ、Linuxのインストールまでに .vmx ファイルの編集が必要なのだけど、ここでは割愛します。(気が向いたら書くかも)
コチラのサイト http://ynomura.dip.jp/archives/2006/04/vmware_playeris.html を参考にどうぞ。

以降は、VMWareにVine Linuxをインストールしたものとして続けます。

[VMWare]VMWareでWeb開発環境を作ってみよう 

つい最近まで(今もだけど)、WebシステムにLAMP(Linux + Apache + MySQL + PHP)環境が採用されるケースが多いです。実際にLinux上でLAMPのようなLinux環境を構築するとなると、PCをもう一台用意→Linuxをインストール、となって多少ハードルが高いのは事実です。

異なるOSを用意する、という点ならばVMWareを使えば1台のPCでWindows上に仮想的にLinuxをインストールすることができます。しかも、Windows上では、VMWareにインストールしたLinuxのデータは数個のファイルなので、これらをバックアップしておけば簡単にLinux環境をコピーできたり、環境を壊してしまってもすぐ元通りにできます。

そんなわけで。VMWareでWeb開発環境を作ってみよう、ということで実際にやったことの作業ログとかを残そうと思います。

で、これから作る環境は、WindowsXPにVMWareをインストール→VMWareにLAPP(Linux + Apache + PostgreSQL + Perl)といった環境を作ってみようと思います。

■計画(随時更新、修正)
・WindowsXPにVMWareをインストールする
・VMWareにVine Linuxをインストールする
・VMWareのネットワーク設定を行う
・Vine Linuxにtelnetで接続する
・Sambaサーバを立てる
・Apacheをインストールする
・PostgreSQLをインストールする
・Subversionをインストールする
・LAPP環境で簡単なWebサイトを作る
・Perlフレームワーク(Catalyst, Sledge, Jifty)を使ってみる

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。