RECOMMEND

ハッカーと画家
ハッカーと画家
プログラマ必読。→感想


C言語ポインタ完全制覇
C言語ポインタ完全制覇
C言語 対ポインタ最強兵器。
感想

COUNTER

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

twitter

Twitterボタン

APPENDIX

sugarball

こまごまと、プログラミング関係のtipsを。

[スポンサー広告]スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[oracle]Vine Linux3.2にOracleをインストールする。(その1) 

先日まではVine LinuxにPostgreSQLをインストールするつもりだったのだけど、最近になって天啓(Oracle)が来たのでOracleをインストールしてみる。いや、深い意味はありません。寄り道。

■Oracleの入手
まずはOracleの入手から。バージョンは10gでなく9iを選ぶことにする。。
http://www.oracle.co.jp/products/system/o9/uv920/index.html
によると(Linux x86のあたりを参照)、「Linuxカーネル2.4以上及びGLIBC 2.2に準拠した以下のディストリビューション・パッケージ」ということで、Red Hat Linux、MIRACLE Linux、SUSE Linux…と並んでいるけど、Vine Linux3.2は対象でないみたい。でもKernelが2.4以上だから多分大丈夫と信じてOracle9i Database Enterprise Editionにしよう。

ダウンロードは
http://otn.oracle.co.jp/software/products/oracle9i/index.html
からできるようです。ダウンロード前には登録(無料)が必要です。しかし、Linux x86用は30日トライアル版とのこと…。そんな縛りは嫌だなぁ、と思いきや、oracle.comだと特に30日の縛りは無い模様。というわけでこちらからダウンロード。こちらも登録が必要です。
http://www.oracle.com/technology/software/products/oracle9i/index.html
一応、Developerライセンスとのことなので、商用利用は駄目だと思います。まぁ、勉強用なんで問題無いです。

で、ダウンロードしてみたのですが、Oracle.co.jpでダウンロードできるバイナリとOracle.comでダウンロードできるバイナリは同じでした…。いや、まぁライセンスを気にせずできるOracle.comの方がいいかもです。

めでたく Oracle9i Release2 (9.2.0.4)が入手できました。


■Vine Linux3.2にインストール
まずはインストール前の準備。カモランドさんのところが大いに参考になりました。また、
http://otn.oracle.co.jp/document/products/oracle9i/920/unix.html
では参考になるドキュメントがダウンロードできます。実は、J06455-01の「Oracle9i for UNIX Systems インストレーション・ガイド リリース2(9.2.0.1.0)」を参考にすれば問題無くインストールできる…かもしれません。
・/etc/hosts にエントリを追加
(これは必要なのかわかりませんが。。)
xx.xx.xx.xx    (hostnameとか)
・ /etc/rc.d/rc.local に記述を追加
# vi /etc/rc.d/rc.local
(末尾にでも以下の内容を追記する)
# for oracle settings begin ←コメント行
echo 100 32000 100 100 > /proc/sys/kernel/sem
echo 268435456 > /proc/sys/kernel/shmmax
echo 65536 > /proc/sys/fs/file-max
ulimit -n 65536
echo 1024 65000 > /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
ulimit -u 16384
# oracle settings end. ←コメント行
・oinstallグループ、dbaグループ、oracleユーザを作成
そのまんまです。oinstallグループを作成し、dbaグループを作成します。そして、oracleユーザを両方のグループに所属するようにして作成します。プライマリグループにはdbaグループを指定した方がいいかもしれません。(実はこのあたりよくわかっていません。。)

・oracleユーザの .bash_profile に追記
$ vi ~/.bash_profile
(末尾にでも追加する)
export DISPLAY=(ここはhost名):0.0
export ORACLE_BASE=/home/oracle/app/oracle
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/9.2.0.1.0
export ORACLE_SID=(SIDを適当に)
export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC
export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$ORACLE_HOME/lib
export LD_ASSUME_KERNEL=2.4.31(僕はuname -aの結果から。)

・ファイルの展開等
ダウンロードしたファイル ship_9204_linux_disk1.cpio.gz などを適当なディレクトリにコピーしてから、このように。。
$ gunzip ship_9204_linux_disk1.cpio.gz
(ship_9204_linux_disk1.cpioが生成される)
$ cpio -idmv < ship_9204_linux_disk1.cpio
(Disk1ディレクトリが生成される。)

・で、インストール開始。
$ cd ./Disk1/install/linux
$ ./runInstaller
  なんかエラーメッセージ。libstdcなんたらが無い?
  みたいに言われる…エラーメッセージを記録していませんでした…
仕方が無いので必要そうなlibstdc++をインストールする。この辺かなり適当にやりました。「本当にこのモジュールでいいんかいな?」と思いつつも、よくわからないまま…
# apt-get install libstdc++2_9
再びrunInstallerを実行。
$ ./runInstaller
(レイアウトの都合で改行を挿入しています)
Initializing Java Virtual Machine from
/tmp/OraInstall2007-02-10_12-23-15AM/jre/bin/java.
Please wait...
Exception in thread "main" java.lang.InternalError:
Can't connect to X11 window server using
'(ホスト名):0.0' as the value of the DISPLAY variable.
at sun.awt.X11GraphicsEnvironment.initDisplay(Native Method)
at sun.awt.X11GraphicsEnvironment.(X11GraphicsEnvironment.java:59)
at java.lang.Class.forName0(Native Method)
at java.lang.Class.forName(Class.java:120)
at java.awt.GraphicsEnvironment.getLocalGraphicsEnvironment
(GraphicsEnvironment.java:58)
at java.awt.Window.(Window.java:188)
at java.awt.Frame.(Frame.java:315)
at java.awt.Frame.(Frame.java:262)
at oracle.sysman.oii.oiic.OiicInstaller.main(OiicInstaller.java:593)
てな感じで今度はJavaに怒られる。XとかGUI関係のエラーかな?

そもそも、rootユーザでGUIログイン→suコマンドでoracleユーザに変更→runInstaller実行 という風にしてたのがマズいっぽい。対処は、
# vi /etc/X11/gdm/gdm.conf
(中略)
DisallowTCP=false ←コイツを追加
(以下略)
で、rootユーザでGUIログインしていたのをログアウト。oracleユーザでGUIログインし、runInstaller起動。いけた!
$ ./runInstaller
Javaっぽいインストーラが起動しました。。次のエントリは、GUIインストールについて記述します。
スポンサーサイト

[apache]なぜapacheをインストールするのか 

僕の当初の目的は「LAPP(Linux+Apache+Perl+PostgreSQL)環境を作る」ということだったのですが、そこでapacheをインストールする理由はやはりWebサーバとして利用するだけでなく、Subversionを使うためにも必要だったりするのです。

別にapacheを使わなくてもsvnserveを使えばネットワーク越しにSubversionを使うことができるんですが、どうせWebサーバでapache使うんだからsvnserv使うまでもないか、というのが本音だったりします。


それで、ただLAPP環境を作るだけじゃ面白く無いので、Webアプリケーションを作ろうと思ってます。Webアプリケーションの開発に使う言語がPerlなので、必然的にmod_perlとかいうやつ(最近だとmod_perl2かな?実はまだよく分かってません)をapacheに組み込まないといけません。さらに。apacheとは少し離れますが、これまた当初の予定にあった通り、Catalyst(PerlのWebアプリケーションフレームワーク)を使ってみたい!という欲求を満たしたいという気持ちがあるのでさぁやってみるか、というところです。


ちなみに、今後のCatalystの話はごとPを参考にしていきます。

[LINUX]Vine Linux3.2にデフォルトで入っているapacheをアンインストール→apache2をインストールする 

どうやら僕はVine Linux3.2をインストールした時に、apacheのパッケージもインストールしていたらしい。しかも設定なしで起動しているみたい。せっかくなので、apt-getで入手できる最新のapacheにしたい。まず、今のapacheのバージョンはというと…
# httpd -v
Server version: Apache/1.3.33 (Unix) (Vine/Linux)
Server built: Nov 27 2004 21:20:29
# ps -aux|grep apache
apache 1319 0.0 0.5 6908 2768 ? S 20:09 0:00 /usr/sbin/http
apache 1320 0.0 0.5 6772 2716 ? S 20:09 0:00 /usr/sbin/http


バージョンが1.3.33なので少し古いですね。ってことで最新版(と言ってもapt-getで入手できる2.0.55 : 2007/02/05現在)をインストールするので、デフォルトで入っていた1.3.33は消しちゃいましょう。一応、apacheのプロセスを止めてから。。。
# /etc/init.d/httpd stop
httpdを停止中: [ OK ]
# ps -aux|grep apache
# (apacheのプロセスが全て終了した)
# apt-get remove apache
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが削除されます:
apache mod_ssl
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 2 個, 保留: 87 個
0B のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 2583kB が解放されます。
続行しますか? [Y/n]y
変更を適用しています...
準備中... ################################# [100%]
完了
で、いよいよ最新版のapacheをインストール。
# apt-get install httpd
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
'httpd' として apache2 を選択しました
以下の追加パッケージがインストールされます:
apache2 apache2-apr openldap
以下のパッケージが新たにインストールされます:
apache2 apache2-apr openldap
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 3 個, 削除: 0 個, 保留: 87 個
2113kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 5332kB のディスク容量が追加消費されます。
続行しますか? [Y/n]y
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/plus apache2-apr 2.0.55-0vl1.2 [99.2kB]
取得:2 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/plus openldap 2.1.30-0vl1.4 [555kB]
取得:3 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/plus apache2 2.0.55-0vl1.2 [1458kB]
2113kB を 1s 秒で取得しました (1885kB/s)
変更を適用しています...
準備中... ################################# [100%]
1:apache2-apr ################################# [ 33%]
2:openldap ################################# [ 66%]
3:apache2 ################################# [100%]
完了
# apache2 -v
Server version: Apache/2.0.55
Server built: Aug 17 2006 00:44:24

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。