RECOMMEND

ハッカーと画家
ハッカーと画家
プログラマ必読。→感想


C言語ポインタ完全制覇
C言語ポインタ完全制覇
C言語 対ポインタ最強兵器。
感想

COUNTER

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

twitter

Twitterボタン

APPENDIX

sugarball

こまごまと、プログラミング関係のtipsを。

[スポンサー広告]スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Network]iperfでLAN内のパソコン間のネットワーク速度を測定する 

インターネットの速度測定だと、BNRUSENなんかがありますが、LAN内の通信速度ってファイルのコピーに要した時間とかで何となくの速度で「まぁこれくらいの速度よね」と納得することが多いです。

実際に仕事で使うとなると、ファイルのコピー時間でなくkbps単位で要求されたりコピー時間の誤差をツッコまれたりで「じゃあ正確なネットワーク速度ってどう測るの?」というときに使えるのがiperf。

iperf自体はコマンドラインツールですが、windowsやmacでも問題なく使えます。iperfの入手方法ですが、Windows版はIperfの公式サイトがあります。mac版(OS X)も同じサイトからダウンロード可能なのですが、makeやconfigureをしないといけない感じで、macに開発環境を入れていない人には敷居が高いようです。ですが、Google Codeにmac用のパッケージが公開されているので、そこからダウンロードすると良いと思います。

あとはmacでportsだったりlinuxではapt-getなんかも使えればインストールできそうです。

■iperf mac版(Google Code)
iperf 2.0.5-2 (Google Code)
※Google CodeにはRudix(The hassle-free way to get Unix programs on Mac OS X)というプロジェクトがあるみたいですね

さて、それでは実際の使い方を説明します。Windows版はコマンドプロンプトを使うか、Cygwinを使ってください。Cygwinが無くても使えます。

まずはサーバ側、クライアント側でiperfを使えるようにしてください。

■サーバ側:
macmini:~ sugarball$ iperf -s
「-s」オプションをつけて実行するだけです。

■クライアント側:
Windows7-PC:~ sugarball$ iperf -c 192.168.0.100
「-c」オプションに、サーバ側のIPアドレスを追加するだけです。

実行結果は以下のようになります。
Windows7-PC:~ sugarball$ iperf -c 192.168.0.100
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.0.100, TCP port 5001
TCP window size: 64.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[ 3] local 192.168.0.99 port 50811 connected with 192.168.0.100 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[ 3] 0.0-10.0 sec 809 MBytes 679 Mbits/sec

はい。10秒間の通信で、809MByte転送できて、通信速度が679Mbitsということですね。僕の自宅LANはGigabitイーサネットなので速度の問題はなさそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stackoftips.blog79.fc2.com/tb.php/64-817cb0d7

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。